GFF

GFF事務局お問い合わせ
トップ > モデルチームレポート

2015年12月アーカイブ

皆さん、こんにちは。

グラフィックチームリーダー兼3Dキャラクターモデルを担当しているKCS福岡情報専門学校の浅田真輝と申します。

前回のプランナーチームからの発表にもありましたが、今回のゲームの世界観は「猫の世界」!

...ということで、タイトルは
「にゃんこストレート(略して"にゃんスト")」
に決定しました!


タイトルロゴは

にゃんこ.png

...こんな感じです。

登場するキャラクターはタイトル通り、猫を擬人化したかわいい女の子たち。
そんな彼女たちがご近所を中心に、ところ構わずアツい戦いを繰り広げるバトルゲームとなっております。
私たちはグラフィックでそんな彼女たちの可愛さを表現したいと思っています。

そして今回、私が担当しているのは3Dキャラクターモデルです。
キャラクターデザインを基にモデルを作り、そのモデルにアニメーションをつける作業を行っております。

まずはデザインがこちら↓
猫.jpg これはチームメンバーで同級生の山中がデザインしました。

こちらのデザインを基に3D作業を行っているモデルがこちら↓
猫2.jpg 当初、女の子らしさや猫らしさを3Dで表現することが難しく、苦慮しましたが

・キャラクターの"猫らしさ"となる耳や手足の部分を大きくチャーミングに見せる
・女性らしい腰や太もものラインを意識し、曲線的な造形を心がける

といったアドバイスをいただき、試行錯誤して、ようやくここまで来ました!
まだまだ猫らしさや女の子らしさは足りませんが、ようやく猫に見えるようにはなりました!(笑)
完成までに、もっともっとかわいらしさを表現できるよう、精一杯制作中です!


また、プロのクリエイターさんからのアドバイスをもとに

・シルエットをわかりやすくする
・アニメーションでより、「らしさ」を表現する
・女性の身体のラインを意識する

などの点に注意し、現在制作に励んでおります。


最後に、私たちグラフィックチームはスローガンを掲げています。

それは、「楽しくて魅せれるゲームを作る」です。

ゲームの印象はほとんどデザインで決まってしまうといっても過言ではないので、世界観やキャラクターのイメージを崩さないためにも各チームとコミュニケーションを取り合い、時にぶつかり、時に賛同しながら完成の最後の最後まで質の向上を意識しつつ、日々精進していきたいと思います。


グラフィックチームリーダー:KCS福岡情報専門学校 浅田真輝
皆さん、こんにちは!

モデルチームのディレクターをしているヒューマンアカデミー福岡校の飯川成海です!

今回プランナーチームが考えたゲームは、「攻撃」「吹き飛ばし」「追撃」をうまく繋げ超絶スコアをたたき出すゲームです!

簡単に説明すると、数種類ある攻撃をつなげてコンボを発生させ、コンボに応じて加点される超絶スコアで順位を競い合う、対戦型にゃんこアクションゲームとなっています。

プランナーミーティングで、プロのゲームクリエイターの方々から、

・どのようにコンボが繋がるのか、その具体的なシチュエーションやバリエーションを考えてほしい
・コンボに応じて、どのようにスコアが跳ね上がるのか
・アクションゲームにありがちな一方的な展開にならないための解決策はあるのか
・完成イメージを共有するためにもタイトルは重要!仮ではなく最初からしっかりと決めること

といった指摘をうけました。

以上の指摘を踏まえてプランナーチームで話し合った結果、

・他のゲームと比べてコンボのつなぎ方が異なるゲームにすること
・ユーザーに気持ち良さを感じてもらうため、スコア加算の方式を極端にし、さらに視覚的に数字でもインフレを見せる

こういった改善を企画に用いました。
タイトルについては企画コンセプトがユーザーにもしっかり伝わるように練り直し

「にゃんこストレート」としました。

GFF企画_表紙.jpg
GFF企画 ver3.5_表紙.jpg
また、全体を通して、

・このゲームの面白いというポイントを特化させる。
・アイテムやキャラクター、アクションの物量に頼った企画にしないこと。1つのアクションでも複数のメリット・デメリットを実装するなどを工夫する。

といったアドバイスもいただきました。

まだまだ改善が必要な箇所がありますが、チーム全体でコミュニケーションをとり、もっとどうしたら楽しいゲームになるかを念頭にこれから制作に取り組んでいきます!

モデルチームディレクター:ヒューマンアカデミー福岡校 飯川成海

皆さんこんにちは!GFF事務局です!

 

今年、福岡ゲーム産業振興機構主催の第9回福岡ゲームコンテスト「GFF AWARD2016」のエキシビション企画として、モデルチームを結成しました。

 

(モデルチーム結成についてはこちら http://gff.jp/gffcast/news/2015/12/gff-award.html

 

モデルチームの制作の様子は、随時このブログでレポートします。

制作状況をリアルタイムに掲載していきますので、福岡ゲームコンテストへ応募する皆さんはもちろん、

ゲームクリエイターを目指す全ての方に役立つヒントになるかと思います!

是非、ご覧ください!

 

さて、早速ですが11月末、モデルチームの初顔合わせ・企画会議が行われました。

 

事前にプランナーセクションが制作した企画案を元に、GFFクリエイター陣からプロ目線での厳しいアドバイスが行われました。

 

特に指摘されたのは、お互いのコミュニケーション不足!参加学生全員のゲームという認識の希薄さが、コミュニケーション不足の原因である!という厳しい意見も上げられました。

学校が違う混成メンバーではありますが、ゲーム制作はコミュニケーション!プロの現場では、コミュニケーションは必要不可欠なスキルです!

 

企画案に対して、他のセクションの学生達が現状どう感じているのかなど率直な意見をぶつけ合いました。

ミーティング終了後も、自主的に残り、メンバー全員で企画を詰める姿がありました。

 

次回更新からは、実際にどのような企画に対して、どのような点にプロ目線での指摘が入ったのか、

モデルチームメンバーより具体的にレポートをしていきます!

 

報告:GFF事務局


DSC00062.jpg
DSC00073.jpg