GFF

GFF事務局お問い合わせ
トップ > モデルチームレポート

2016年9月アーカイブ

こんにちは!GFF事務局です!

本日、GFF AWARD 2017の作品募集がスタートいたしました。

そこでお知らせできていなかった、モデルチームのがんばりと結果をご報告したいと思います!
イベント当日は200名を超える多くの方にご来場いただき、会場はとても賑わいました。
入選作品がプレイできる試遊台には常に人だかりができ、各作品の制作メンバーは精一杯作品のPRをしていました。モデルチームの作品も、たくさんの方にプレイして頂きましたよ~

モデルチーム画像01.jpg
GFFの現役クリエイター指導のもと、ゲーム制作を行っているモデルチームは、通常の審査には参加出来ないため、来場者に審査していただくエキシビションマッチへのみ参加となります。モデルチームが目指してきたエキシビション賞は、来場者の方の投票数で決まりますので、多くの票を獲得するためには、来場者に限られた時間で作品の面白さを伝えなければなりません。より多くの人に楽しく遊んでもらえるよう、試遊台にキャラクターや操作説明のPOPを貼るなど工夫を凝らしていました!

そして、エキシビション賞の結果発表。
モデルチームの代表として壇上に上がったプランナーの前田君は、緊張した面持ちでしたが、見事エキシビション賞を獲得することができました!
本審査まで残った作品はどれも素晴らしいクオリティで、どの作品が賞を獲得するかは本当にわかりませんでした。
賞状を授与した(株)ガンバリオン 山倉社長からは「ゲームコンセプト通り、インフレを起こしながら点数を競っていきプレイし続けたくなるゲームになっていました」という評価をいただきました。

モデルチーム画像02.jpg 後日、モデルチームの皆さんに今回の取り組みについて聞いてみると、
「エキシビション賞獲得のために頑張ってきた。その努力が実ってよかったです。」
「自分達で作った作品をプレイしてもらい、その場で感想を聞けるのは初めてで貴重な体験でした。」
「今まではただゲームを作ることだけを考えてきたけれど、実際にプレイする人のことを考える大事さがわかりました。」
とのこと。
今回の貴重な経験を活かして、ぜひゲーム業界をめざしてほしいです!
モデルチームの皆さん、お疲れ様でした!

最後に、GFFではゲームコンテストを始めインターンシップなど、プロのクリエイターから直接指導を受けられる機会を提供しています。福岡だからこその貴重な体験だと思いますので、このブログを見ているみなさんも、チャンスがあれば積極的に参加して頂ければと思います!




GFF事務局。