GFF

GFF事務局お問い合わせ
トップ > GFFクリエイターズBlog

第10回福岡ゲームコンテスト「GFF AWARD 2017」開催レポート!

| |

カテゴリ:

先週末、2017年3月11日に福岡市天神イムズホールで行われた、第10回福岡ゲームコンテスト「GFF AWARD 2017」の様子をお伝えします。

GFF・九州大学・福岡市による日本ゲーム業界初の産学官連携事業として2007年より開始した「福岡ゲームコンテスト」も、今回で第10回を迎えました。今年は、日本全国から過去最大831作品もの応募があり、若きゲームクリエイターの登竜門として、年々注目を集めています。

図01.jpg
▲入口のパネルには、これまでの10年の取組みを掲載。登壇ゲストの方々からお祝いのメッセージもいただきました。


まずは、福岡ゲーム産業振興機構の会長であるレベルファイブ日野社長より開会の挨拶。
「今年は10年目にふさわしく過去最大の応募があり、1つ1つ良くできています。このイベントを通して1人でも多くのゲームクリエイターを育てていきたい。」と、会場に集まった方々を激励しました。

図1.jpg
▲株式会社レベルファイブ 代表取締役社長/CEO 日野晃博

挨拶に続いて、「ゲームソフト部門」最終審査にノミネートされた5作品のプレゼンテーションです。
3分という短い持ち時間で、いかに作品の魅力を伝えられるか。各チーム創意工夫したプレゼンで審査員とお客様にアピールしました。
プレゼン後には、各審査員から講評と質問をいただきます。実際にゲーム制作の現場で活躍されている方々からの鋭い質問や意見をその場でもらえるのが、このコンテストの魅力です。ゲーム制作者の学生のみならず、会場に集まった皆さん、真剣な表情で聞いていました。

図2.jpg
図3.jpg
▲プレゼンをする各制作チームの代表者。スマホで操作をするPCゲームや、VRなど多様な作品が登場。



図4.jpg
▲ゲスト審査員として、カドカワ㈱取締役ファミ通グループ代表浜村弘一氏(左)、
㈱ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE) ワールドワイド・スラジオ プレジデント吉田修平氏(右)にご参加いただきました。

図5.jpg
▲審査員の方々からは時には厳しい意見もあり、緊張する場面も。

さらに、地元福岡からの推薦枠として「福岡モデルチーム」のプレゼンテーション。
GFF加盟企業のクリエイターたちのアドバイスを受けながら制作をしてきた成果の発表です。
図6.jpg
▲福岡モデルチームのプレゼン

休憩の間に、一般来場者によるエキシビションマッチの投票です。
会場には各チームの作品が試遊できるようになっており、どの作品ブースも大変な人気でした。
図7.jpg
図8.jpg
▲試遊台では各制作チームのメンバー自ら遊び方をレクチャーする姿も。

さて、審査結果集計の間、会場では、「特別ゲストトークショー」が行われました。
ファミ通グループ代表であるカドカワの浜村氏をコーディネーターに、「プレイステーションヴィーアール」(PS VR)の開発にも携わるソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)ワールドワイド・スタジオ プレジデント吉田修平氏、そして、レベルファイブ日野社長が登壇。

テーマは「ゲーム業界これまでの10年、これからの10年」ということで、ファミ通グループ代表浜村氏ならではの視点で、ゲーム業界のこれまでの10年が解説されると、SIE吉田氏からはPS VRの開発秘話、また、レベルファイブ日野社長からは開発中の最新タイトル『スナックワールド』の最新情報など、ゲーム業界を最前線で引っ張っているお二人ならではの、貴重な話が飛び出しました。

図9.jpg
図10.jpg
図11.jpg
▲終始楽しく和やかな雰囲気で進行。皆さんまだまだ話足りない!といったご様子でした。


トークショーの後は、いよいよ福岡ゲームコンテスト審査結果の発表と表彰です。

会場満員のお客様が見守る中、栄えある「第10回福岡ゲームコンテスト GFF AWARD 2017」大賞は、チーム名「七色ステップ」(アミューズメントメディア総合学院)」の「Rainbow Step(レインボーステップ)」に決定しました!!

図12.jpg
▲大賞へは副賞として賞金30万円が贈呈されました。

日野社長は受賞のポイントとして、「ゲームというのは総合芸術とも言えるが、この作品はチーム全員がそれぞれの要素をしっかりと作っており、プレイする人に遊びたいと思わせるものとなっていた。」と、コメント。「これからそれぞれの分野に羽ばたくと思うが、応援していきたい」とメッセージを贈られました。
それを受けて、チーム代表のディレクター田中さんは、「1人の力では無く、全ての人の力が合わさっての受賞です」と、とても嬉しそうな様子でした。

その他のチームには優秀賞と、ご協賛いただいた企業様より協賛賞が、また、エキシビションマッチで最多票を獲得したチームへは、髙島福岡市長より「福岡市長賞」が、それぞれ贈られました。
(審査結果については、次回のブログで詳しく紹介します!)

図001.jpg
▲ゲームキャラクター部門の優秀賞は、尾崎健さん(HAL東京)「LIFE of ENZO 星流しの革命」が表彰されました。

第10回という節目を迎えた「福岡ゲームコンテスト」。受賞者の中から、世界で活躍するようなゲームクリエイターが生まれることを期待しています!
また来年もたくさんのステキな作品のご応募をお待ちしております!!

図13.jpg

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ポッドキャスティングとは?
世界中のWebサイトやブログから配信されているネットラジオの音声データをダウンロードして、iPodなどの対応オーディオプレイヤーで聴くことです。
新着記事を自動で入手!
もしくは下記の「GFF Podcasting」バナーをiTunes(無料ソフトウェア)にドラッグ&ドロップするだけでOK!
GFF Podcasting
iTunesへのドラッグ&ドロップ
ポッドキャスト収録協力:
福岡スクールオブミュージック専門学校
サイトマップ | プライバシーポリシー | サイトポリシー | リンク集 | よくある質問 | お問い合わせ
Copyright ©2010 GFF GAME FACTORY'S FRIENDSHIP.