GFF

GFF事務局お問い合わせ
トップ > GFFクリエイターズBlog

イベントレポートの最近のブログ記事

前回に引き続き、10月22日(土)に九州大学大橋キャンパスで開催された「CEDEC+KYUSHU 2016」の様子をレポートします!

今回は、GFF企業が講演したセッションの中から注目セッションをご紹介!


■『福岡ゲームサウンドクリエイターの現場大公開!~4社それぞれのサウンドデザインとその手法~』
サウンドセッション5修正.jpg
▲GFF加盟4社のサウンドクリエイターが揃いました!

こちらのセッションは、株式会社ノイジークロークの坂本社長をモデレーターに
・株式会社レベルファイブ井上さん
・株式会社サイバーコネクトツー福田さん
株式会社ガンバリオン廣瀬さん
株式会社ノイジークローク蛭子さん
の4名のサウンドクリエイターが登壇。

GFFに加盟している4社の協力で実現したこちらのセッション。各社のサウンドクリエイターが4名も揃うのは大変珍しいことです!

この講演では、「そもそもゲームサウンドクリエイターって何をする人なの?」「どのような環境で、どのような仕事を日々行っているの?」という、ゲームサウンドクリエイターについて、各社それぞれの実態をお話いただきました。

サウンドセッション1.jpg
▲サウンドクリエイターが行う仕事の中身を具体的に、そして丁寧に解説

実際の制作に使用している機材やスタジオなどの環境、そして仕事の流れといった普段聞けない様な話まで大公開!

レベルファイブ井上さんからは、自社タイトルの楽曲制作の時に実際に使用されている機材や、その機材を使用してどのように楽曲が作られているかについての解説、さらに『妖怪ウォッチ』の画面が切り替わる際のシステム効果音は、実は自分の口で「シュッ」と喋った声を録音・加工したもの、という実例の紹介もあり、各社このセッションのために制作した効果音やジングルを再生しながら、実際の制作環境の解説を行ったこのコーナーは、受講者の興味を大きく集めていました!

そして話題は「スマートフォンゲームサウンド」や「VRに対するゲームサウンド」などの新たな取り組みについての話に!各社それぞれ活発にトークを行い、あっという間に終了の時間となりました。
これからゲームサウンドクリエイターを目指したいという学生にも非常にわかりやすく興味深い内容だったのではないでしょうか。

さて、もうひとつの注目セッションは、


■『数字で見るゲーム業界』
セッションの講師は株式会社サイバーコネクトツー松山社長

写真 (11)修正.jpg

「ゲームソフトって年間に何タイトル発売されているの?」「日本人って、どのくらいゲームソフトを買っているの?」というようなゲーム業界の現状や課題について、わかりやすく解説!

松山社長セッション会場の様子1.jpg
▲これからゲーム業界を目指す学生向けのセッションでしたが、
学生ではない方もたくさん受講されていました!


松山社長はセッションの中で、「ゲーム業界は、アニメや漫画、映画などに比べ、エンタメ業界の中で歴史が浅いにも関わらず、今ゲーム業界を目指す学生たちは、自ら進もうとしている業界に対しあまりに知識不足です。

ゲームクリエイターになるためには、プログラミングやCG制作などの「技術面」を学ぶ以前に、世間のゲームタイトルの流行に常にアンテナを張り「評価を得た部分、受け入れられなかった部分」を自分なりに分析することが重要です。」と呼びかけました。

そして最後は「世の中が熱狂している面白いものを見て感じて、面白いと思ったことを形にするために勉強する。好きなことを伸ばして良いものを作ろう!」という熱いメッセージで締めくくられました。
ショートセッションということで、30分という短い時間でしたが、ゲーム業界を目指す若い皆さんに向けた情熱のいっぱい詰まったセッションでした!


今年で2回目の開催となった九州でのCEDEC。
福岡・九州でゲーム開発に携わる方、これからゲームクリエイターを目指す方にとても有意義な一日になったのではないでしょうか。
福岡のゲーム業界の熱さを実感した1日でした!!

GFFも、福岡・九州のゲーム業界を盛り上げるべく、これからも皆さんに様々な情報をお届けしていきますので、是非チェックしてみて下さいね!



CEDEC+KYUSHU 2016詳細についてはコチラ↓
バナー(240×60) (2).png
今回は、10月22日(土)に九州大学大橋キャンパスにて開催された「CEDEC+KYUSHU 2016」の様子をご紹介!
GFF企業も多数セッションを行いました。
その中からいくつかピックアップしたものをご紹介、および終始にぎやかだった会場内の様子をお届けします!


多次元1階.jpg
さて、いよいよ「CEDEC+KYUSHU 2016」スタートです!


■受付開始!
整理券列.jpgのサムネール画像
▲受付を済ませ、ぞくぞくとセッション会場へ向かう方々

当日はあいにくの雨にもかかわらず、約1400名以上の方にご来場いただきました!


■開会式
開幕日野様.jpgのサムネール画像
▲株式会社レベルファイブ 日野社長による開幕のごあいさつ

多次元ホールにて行われた開会式。

「過去いろんなイベントを開催したが、福岡は人が集まりにくい傾向にあります。ファンの人は熱いが、シャイな人が多い印象です。
そういうことが続いていたので、福岡でもイベントでガツンと盛り上がれたらと思っていました。
今回、スタッフ一同驚きの1,500名の皆さんに事前に応募いただき、良い盛り上がりでイベントを始められると思います。
レベルファイブも登壇する各社も、素晴らしい講演が目白押しです。
精一杯楽しんでいただけるよう力を尽くします。今日は一日よろしくお願いします。」
という言葉とともにCEDEC+KYUSHU 2016が開幕しました!


■注目の開幕講演
修正開幕講演.jpg
▲会場は満員で立ち見の人も多く、会場は人で溢れていました!

開会式に引き続き、株式会社レベルファイブ日野社長による開幕講演が行われました。

「長い間ヒットを維持できたコンテンツは、大人から子どもまでファン層が広がり、長期のビジネスが可能であると実感しました。
そして、なにより嬉しいのは、自分たちのつくった作品の記憶が、長きにわたって、未来に引き継がれていくことです。
皆さんにも、レッツ「IP」創出!というテーマをおススメしたいです。
これこそが、エンタメ業界の最大の醍醐味です!
ゲーム業界、エンターテインメント業界を一緒に盛り上げていきましょう!」と熱弁。
受講者はIPについて熱く語る日野社長に釘付けでした。



■お昼休憩
ケータリングカー.jpg
▲多次元ホール前にはキッチンカーが登場!

ラーメン、ホットドック、カレーなどの美味しそうな匂いに誘われて、多くの人が集まっていました。
九州以外からの来場者も多く、博多ラーメンは特に人気でした!
私もお昼ご飯にいただきましたよ~



■スタンプラリー
image1.JPG
▲スタンプラリーで使用されたスタンプ 左から明太子、ラーメン、大宰府、山笠をモチーフにしたもの

会場では、抽選で素敵な賞品が当たるスタンプラリーも行われていました!
私も集めてみましたが、福岡らしいデザインで、こちらも来場者の方に喜ばれていました!



次回のイベントレポートでは、

『福岡ゲームサウンドクリエイターの現場大公開!~4社それぞれのサウンドデザインとその手法~』
株式会社レベルファイブ/井上 岳志氏、株式会社サイバーコネクトツー/福田 憲克氏、
株式会社ガンバリオン/廣瀬 祐一氏、株式会社ノイジークローク/蛭子 一郎氏

『数字で見るゲーム業界』
株式会社サイバーコネクトツー/松山 洋氏

のセッションの様子をお届け致します。
引き続きお楽しみに!

CEDEC+KYUSHU 2016詳細についてはコチラ↓
バナー(240×60) (2).png
第10回福岡ゲームコンテスト「GFF AWARD 2017」の作品募集が本日9月27日より開始されました!それに合わせて、今年の3月に天神イムズホールにて開催された第9回福岡ゲームコンテスト「GFF AWARD 2016」の最終審査と、表彰式の様子をご紹介したいと思います!

第9回福岡ゲームコンテスト「GFF AWARD 2016」に、応募いただいた作品数は、
【ゲームソフト部門:179点 ゲームキャラクター部門:351点】と過去最高の数となりました!


「GFF AWARD 2016」では新たに3つの取り組みを行いました。
1つ目は「学生モデルチーム」。学校も学年もバラバラな福岡の学生メンバーが一体となり、3月の表彰式でのエキシビション賞の獲得を目指し、GFF現役クリエイター指導のもと、1つのゲーム制作に挑戦しました。(詳しくはモデルチームレポートをごらんください。)
2つ目は「最終審査プレゼンテーション」です。2次審査を突破した5作品は3月の本審査にて、審査員に直接プレゼンテーションを行いました。本審査チームのプレゼンテーションに来場者の方も刺激を受けたそうです。
3つ目は「エキシビションマッチ」です。本審査にのこった5作品と上記モデルチームを含めた合計6作品を対象に、来場者の皆様に「遊んでみたい作品」をテーマに投票してもらい、エキシビション賞を決定しました。

また「GFF AWARD 2016」ではGFF審査員の他、
株式会社スクウェア・エニックスのエグゼクティブ・プロデューサー齊藤 陽介 (さいとう ようすけ)様と、
株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント(旧株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント)クリエイティブディレクター外山 圭一郎 (とやま けいいちろう)様の2名に、ゲスト審査員として作品を審査して頂きました!
会場には、ゲームキャラクター部門の優秀賞・入選作品の展示や最終審査まで残ったゲームソフト作品の試遊台が設置されていました。


■ゲームキャラクター部門展示

開場前、審査員の皆様にも事前に審査作品をプレイして頂きました!

イベントレポート画像02.jpgイベントレポート画像03.jpg 
■GFF加盟社社長達が試遊台をプレイする様子


最終審査のプレゼンテーションでは、スクウェア・エニックス齊藤陽介様、レベルファイブ日野社長、サイバーコネクトツー松山社長、ガンバリオン山倉社長、九州大学松隈准教授という、超豪華審査員を前にみなさん緊張した面持ちながらもしっかりと自分達の作品についてプレゼンを行っていました。
イベントレポート画像04.jpgイベントレポート画像05.jpg
■限られた時間の中でいかにして作品をPRするかがポイントです。

イベントレポート画像06.jpg
■プレゼン後のエキシビション賞投票時間には多くの来場者が最終作品の試遊台に並ばれていました。

ゲストクリエイタートークライブでは、スクウェア・エニックスの齊藤様に、現在制作中の作品についてここでしか聞くことができないお話と、会場の学生に向けてメッセージをいただきました。とても貴重なお話に、来場された方々は皆真剣に耳を傾けていました。その後GFFメンバーも加わり熱いトークライブが繰り広げられました。

イベントレポート画像07.jpgイベントレポート画像08.jpg
■本番直前に台本を変更しMMOについて齊藤様へ積極的に質問を投げかけていく日野社長。 (右側画像:左よりレベルファイブ日野社長、サイバーコネクツー松山社長、スクウェア・エニックス齊藤様、ガンバリオン山倉社長、九州大学松隈准教授)

表彰式では、大賞と優秀賞、ゲスト審査員賞の発表と賞状の授与が行われました。
さらに、会場のお客様の投票により決定するエキシビション賞の発表も行われました。

イベントレポート画像09.jpgイベントレポート画像10.jpg
■ゲスト審査員であるソニー・コンピュータエンターテインメント(現:ソニー・インタラクティブエンタテインメント)の外山圭一郎様の審査によるゲスト審査員賞発表の様子。

最後に「第9回福岡ゲームコンテスト」の総括が行われ、応募作品についての講評やこれからゲームクリエイターを目指す若者に向けてメッセージが述べられました。

会場後方には立ち見もでるほどの盛況振りでした。福岡ゲームコンテストは今回で記念すべき第10回目!皆様のご応募をお待ちしております!!

第10回福岡ゲームコンテスト「GFF AWARD 2017」の詳しい内容や応募方法は、福岡ゲーム産業振興機構のホームページをご覧ください!

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

2016年11月: 月別アーカイブ

ポッドキャスティングとは?
世界中のWebサイトやブログから配信されているネットラジオの音声データをダウンロードして、iPodなどの対応オーディオプレイヤーで聴くことです。
新着記事を自動で入手!
もしくは下記の「GFF Podcasting」バナーをiTunes(無料ソフトウェア)にドラッグ&ドロップするだけでOK!
GFF Podcasting
iTunesへのドラッグ&ドロップ
ポッドキャスト収録協力:
福岡スクールオブミュージック専門学校
サイトマップ | プライバシーポリシー | サイトポリシー | リンク集 | よくある質問 | お問い合わせ
Copyright ©2010 GFF GAME FACTORY'S FRIENDSHIP.