GFF

GFF事務局お問い合わせ
トップ > ゲームのお仕事ウォッチ

ネットワークプログラムのお仕事:秋田 一成さん(株式会社レベルファイブ)

|

akita012.jpg
お名前:秋田 一成
会社名:株式会社レベルファイブ
職種:プログラマー
過去携わったタイトル:
◆『白騎士物語 -古の鼓動-』
◆『白騎士物語 -光と闇の覚醒-』
◇『イナズマイレブンGO シャイン/ダーク』
◇『イナズマイレブンGO2 クロノ・ストーン ネップウ/ライメイ』
◇『ワンダーフリックR』

◆...発売:株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメント
◇...発売:株式会社レベルファイブ


■ あなたのお仕事内容について教えてください。
プログラムスタッフの管理や、他セクションや協力会社様とのやりとりが主な仕事です。もちろんプログラムの設計・実装も行います。プランナーから仕様を受け取り、それが実現可能なのかどうかを判断し、プログラムスタッフに実装を指示したり、仕様の内容について相談をしたりします。プログラムの実装では主にゲームにおけるネットワーク関連の仕事が多いです。


■ 「プログラマー」を目指したきっかけを教えてください。
また、いつごろからゲーム業界に興味を持ちましたか?

小さいころから趣味でプログラムを組んでいてそれ自体が好きだったので、自然とプログラマーとして仕事をしたいなと考えていました。ゲーム業界への興味に関してですが、アーケードゲームが特に好きで毎日のようにゲームセンターに通っていましたが、ゲームを作る仕事に就こう、という考えはその時はそれほどありませんでした。九州で仕事をしようと就職活動をしている時にレベルファイブに出会い、ドラクエを作っている会社という事で興味を持ち、そこから仕事としてゲームを作ってみようと考えるようになりました。


akita011.jpg
▲ お仕事中の秋田さん


■ 学生の時にやっていて良かったことはありますか?
ツールやゲームを作ってインターネット等で公開していたことです。作品を公開する事はそれ自体に責任を持つことになるのでちゃんとしたものをユーザーに提供しようという意識が芽生えました。また、自分の作品に関するいろんな意見に直接的、間接的に触れる事ができたのはとても勉強になりました。


■ 学生時代にやっておけばよかったことはありますか?
ゲームでいえばCEDECのように、学生のうちに他のプログラム開発者が集まるイベントに参加しておけばよかったな、と思います。他の開発者の考え方に直に触れることで、知識も増えモチベーションもあがり、プログラムの勉強がさらに意味のあるものになったのではなかろうかと思います。


■ 日常生活で仕事のために気をつけていることはありますか?
常に色んなゲームに興味を持つことです。毎日ゲーム系のニュースサイトをチェックしたり、発売されるゲームを調べたり、そして実際にゲームをしたりします。ゲーム以外の事に興味を持ちなさい、とよく言われますが、前提としてゲームが好きでなければ自分の係わるプロジェクトでどんな意見をしても、周りを納得させるような発言はできないと思っています。ゲームが好きだからこそ、いいゲームを作りたいといつも考えています。


■ どういう方が「プログラマー」に向いていると思いますか?
また、どういった方に目指してほしいですか?

ゲームを作るのが好きなのはもちろんですが、プログラムを組む事自体が好きな人が向いていると思います。プログラムはとても地味な作業ばかりですが、その中でこだわりを持ってプログラムを構築していくのはとても楽しい作業です。より見た目がよく、より質のよいプログラムを書いてやろう、という意欲的な人に目指してもらえたらと思います。


過去の記事はこちら↓
ゲームのお仕事ウォッチ ー もくじ ー


GFFメンバー詳細はこちら↓
メンバー

リクルート情報はこちら↓
リクルートニュース

サイトマップ | プライバシーポリシー | サイトポリシー | リンク集 | よくある質問 | お問い合わせ
Copyright ©2010 GFF GAME FACTORY'S FRIENDSHIP.